このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない賃貸選びのポイント

部屋探しをしていると様々な物件が多くあるので、迷ってしまい、しっかり考えてから賃貸契約を結んでも実際に住んでみると、イメージが違う、住み心地が悪い等の理由から、失敗したと感じる方が多いようです。
契約する前に不動産会社の方から説明を聞いて、納得して契約した方でも失敗したと感じる事があるようです。
失敗したと感じる理由としては、家賃が高いとか考えていた条件と異なっている等が主な理由となっています。
この様な失敗をしない為のポイントとしては、賃貸する時の条件として譲れない条件と自分にとって気に入らない条件を考える事と予算をしっかり決める事です。
一般的に、賃貸物件を探す場合、譲れない条件を考えて不動産会社からの説明を聞いたりするのですが、どうしても妥協してしまい契約する事が多く、物件を選ぶ場合、多少の妥協は必要ですが、どこまで妥協するか決めておかないと失敗してしまうのです。
条件を決める時の具体的な例としては、譲れない条件は、多ければよいのですが、少なくても、2つ位は明確に決めておく事が大事です。
条件を明確する事で、不動産会社の営業マンが色々な事を言っても、条件と比較する事ができます。
また、条件を提示する事で営業マンも条件を満たす物件をすばやく探す事ができるので、時間を節約する事ができます。
気にいらない条件も明確にしておく事が大事で、物件が気に入らない条件に該当するのであれば、別の物件を探すようにします。
条件としては、交通の便や間取り等を決めます。
この条件を決める時に、生活をイメージして決める事が大事となります。
生活をイメージする事で、学校や会社まで、どの様な交通手段があるのか明確する事ができ、また、必要な間取りも決める事ができます。
予算に関してはできるだけ安い家賃の物件を探す事が大事ですが、安いと、どうしても気に入らない条件になってしまう事が多いので何処までの家賃であれば生活に影響しないか、決めておく事が大事となります。
そして、営業マンの説明を聞いて、即効で契約するのではなく、じっくり検討してから決める事が大事となります。
Copyright (C)2014個性的な賃貸で個性的な暮らしを!.All rights reserved.